ネイティブと話すコツ!効果的な英語暗唱を覚える。 | セール情報大好き

【英語】英語暗唱のコツ!ネイティブと話す効果的方法【お試しあれ】

englsih-ansho

「ネイティブと話すためにはどうすればいいんだろう。英語を勉強してても結果があまりでないような・・・」

どうもこんにちは!尾崎(@s4224945)です。

英語をずっと勉強しているのに、なかなかネイティブが何言っているかわからないし、会話も続かない。
英語学習者によくありがちです。

英会話やIELTSやTOEFLのスピーキング対策をしていて音読やシャドーイングをしていても、あまりうまくいかないことはありませんか?

ある程度の効果が見込めるとは思いますが、劇的な効果が生まれるとは言いづらいと思います。
何しろ、相手の言ってきたことに関して「頭で考えて、文を作ってから返事をする」という一連の作業が必要になってしまっているかと思います。
こんな感じのことが本当によくあると思います。

この「頭で考えて、文を作ってから返事をする」という一連の作業をもっと条件反射的に返すことができるようになる方法があります。

そんな悩みを解決するのが、「暗唱」という方法です。

スポンサーリンク


本記事のアウトライン

  • 「暗唱」とは?
  • 「暗唱」のコツとは?どういう風にやればよい?
  • 暗唱が効果の対象

英語「暗唱」とは?

中学生のころとかに日本国憲法前文の暗記口述のテストとかのテストやりませんでしたか?
あれこそまさに「暗唱」です。

英語の暗唱というのは文単位で行っていったり、フレーズだったりと覚える単位は色々あります。
自分が使えるものを暗記して口に出していけることを英語の「暗唱」だといえます。

日本の昔の小学校である寺子屋は暗唱が基本的な教育方法だったとされるので、日本人にはなじみ深いものです。

英語暗唱のメリット

シャドーイングや音読はやったことがあるけど、暗唱はやったことある人はかなり少ないのではないでしょうか。

完璧にうまく話せないという人は、この暗唱するということをするとリスニングを完璧にできるようになります。
最初はよくわからないけど、聞いているうちにできるようになったということや字幕をみたらよくわかるようになったという場合、これは脳の中にある情報を取り出せないということが原因です。

自転車にどうやって乗るかを見ていて知っているけど、実際に乗ったことはないから乗れないみたいな状態です。
暗唱をするときはこの状況を条件反射的に改善するためのトレーニングといえるでしょう。

確かにシャドーイングや音読よりははるかに手間がかかって難しいトレーニングとなります。覚えなきゃいけないこともたくさんありますし、何より時間がそれなりにかかります。
しかし、覚えた場合は英会話でもリスニングにもはっきりと効果が表れてきますし、何よりスピーキング力が鍛えられていくのが大きな利点です。

英語「暗唱」のコツとは?どういう風にやればよい?

会話文をすべて覚える場合は以下のようにするのがコツです。

  • 話の内容を日本語で確認
  • 読めない単語の発音を確認
  • 1文ずつ覚えていく

1文目を何も見ずに覚えられたら、次の2文目を覚えます。そして、2文目を覚えたら、1文目とセットで2文目まで暗唱。
今度は3文目を暗記し、暗記できたら同じように1~3文目を暗唱していきます。

つまり以下のような順番で徐々に覚えていくのが効果的ですね。
この方法は英語のみならず、暗唱のコツとしてはすべてのことに応用できます。

  • 1
  • 2 1-2
  • 3 1-3
    ・・・・

このように文章が増えていくと大変ですが、人間の短期記憶というのはとにかく忘れやすいものなので、どんどん思い出してあげることが大切なのです。
少し早口で暗唱をしようとすると、忘れてしまう前に思い出すという行為が早まるので、効果が上がります。

英語暗唱の小さなコツ

さらに、暗唱をするときは以下の小さなコツを意識するのがよいです。

・まずは一文ずつ覚えたい対象の英語の文章をすべて覚えます。一語一句間違えない
・口に出してぶつぶつと喋る
・CDなどで英語の音声と一緒に話す
・できれば録音などをして、自分の音声がCDとどのくらい違うのかを確認する
・見つけた差異をどんどん縮める

これをとにかくできるたくさんの文で行い、できる限り増やしていきます。
そうすると単語を入れ替えるだけで同じような文章が意味をなしてきたりしますので、
状況によって、使いこなしていけば英会話やリスニングもうまくいく、ということになります。

暗唱が効果の対象

+ リスニングを強化していきたい人
+ 英会話やIELTSやTOEFLのスピーキングセクションのレベルアップを図って行きたい人
+ 学校のテストで高得点を狙いたい人

このような方におススメです。つまり、ほとんどの人に有効なんですよ。

資格試験で使う

TOEICのリスニングセクションでも効果を発揮します。
特に反応が早く求められるパート2などには劇的な改善効果があると思っています。

自分のものにできるレベル、自分の意思で文章を言えるよう、棒読みにならないように暗唱をするように心がけてください。
そうすると、ここで覚えた文章というのは英会話でも使えるようになってきます。

もちろん他のIELTSやTOEFLのリスニングパートでも有効ですし、例文をまるまる暗唱できればスピーキングでも使うことができます。

暗唱のメリットとして、暗唱をできるようになると同じようなシチュエーションや文に出会った時に、すぐさま反応できたり、どんな文かを推測しやすくなります。
暗唱ができるようになると電話文章単語を入れ替えるだけで対応できるようになってきます。

英会話も、聞こえない文や単語があるというのは、自分で暗唱できるくらいのレベルに達してないからと言えます。
そのような文章があったとしたら、しっかりと理解できるレベルまで暗唱をした方が良いと言えます。

英会話の場合

これこそ暗唱の効果を一番発揮できるものだと思っています。
「すぐに使えるNative English 28000」が良いです。
特にアフィリンクというわけではないので、純粋におすすめできます。
フレーズがたくさん書いてあって、例文のCDが載っている本を使うといいと思います。

普通の書籍でいうならば、下記のようなものが参考になると思います。

こちらはCDついていないので、ちょっと不適かもしれません。

「すぐに使えるNative English 28000」は暗唱用の教材として、これ以上にないくらい良い教材で、英会話の暗唱用の教材として使うなら最適だと思います。
必ずただの文章として棒読みをするのではなくて、自分の言葉となるように、色々な状態を想像できるように暗唱をしましょう。
ここを心がけておくだけで、大分効果に差が出てくると思います。

もちろん学生だったら自分の教科書を暗唱してもテストには効果が出てくると思います。

まとめ

暗唱は英語のレベルを上げるのには最適な方法だと思います。
資格試験はもちろん、英会話をするときも暗唱の方法を取り入れてレベルアップしていくとよいと思います。

英語の暗唱は英語レベルをアップさせるだけではなく、記憶力のアップや発想が豊かになったり、物事を考える力がアップしたりといいことづくめです。
ぜひやってみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする