オーストラリアの語学学校で1年間にかかる費用 | セール情報大好き

【留学】オーストラリアの語学学校の費用

どうもこんにちは!尾崎(@s4224945)です。
オーストラリアの語学学校の費用に関して書きます!

留学ってすごいお金がかかるというイメージですよね。

確かにかかりますが「どのくらいかかるの?」と思うことはざっくりでもいいから知っておきたいです。

費用面からまずはお金に対する不安を取り除いていきたいですよね。

せっかくお金をかけて行くのですから結果も出したいですし、ここは気になるところです。

私はILSCといい、昔はPGICというブリスベンシティのど真ん中くらいにある割と大きめの語学学校に通っていました。

アクセスは抜群に良いので、交通には全く不便はありませんでした。

ILSC Language Schools - Study English or French Abroad

費用はどんな感じでかかるのでしょうか。

最初に結論から言うと約一年いた結果、34,170ドルかかりました。

その内訳としましては下記に表しておきますので、どうぞご参照ください。

スポンサーリンク


1.入学金

入学金はブリスベンの語学学校の相場が100~200ドルらしいです。

今も10年前もあまり変わりがなく、そこまで増えたなって気がしません。

正確には覚えていませんが、ほとんどこの認識で間違いがありません。

現在だと入学金はホームページによると230ドルです。

相場よりも若干高めかなと思います。

2. 授業料

一般的なブリスベンの英語教育を調べてみると、24週間で7,000ドルくらいで、48週間だと14,000ドル以下になるということのようです。

そんな中私の行ったところは44週間で18,000ドルくらいだそうです。

結構高かったと思います。

よくよく考えてみると他の語学学校にいくこともできたし、面倒くさがらずマンネリを控えるためにも学校を変えることを考えてみてみてもよかったかもしれませんね。

今考えると悪くはなかったのですが、そこまで固執することもなかったかなと思います。

当然、当時の金額を正確に覚えてるわけでもないですし、もしかしたら長期割引などが入っていてもう少し安かったかもしれませんが。

3. 教材費

教材費は入学金や授業料に含まれているものもあります。

学校や期間によって変わりますので、どのようになるかは学校次第となります。

私の通っていた学校では教材費は44週間で320ドルとなっておりました。

たくさん色々なプリントを配られたりもしますし、教材費は約1年ということも考えると、妥当な金額なのかなと思ったりもします。

4. アクティビティ費

語学学校の期間中に様々なアクティビティと称して、ブリスベン近郊のところへフィールドトリップをしてくれる学校が多いです。

スポーツだったり、日帰り旅行が多いかなと思います。

私が通っていた学校では、週末に行われる旅行やスポーツクラブなどが別途料金を取って、開催されることが多かったです。

旅行だったら一回300ドルくらいで、モートンベイというところに旅行にいったりできました。

とても高いなと思った覚えがありますが、モートンベイに行くなら個人でもそのくらいはかかってしまうものです。

私はこのような旅行などには出席したことがありませんでしたが、クラスで行われるバーベキューにはよく参加していました。

一回で20ドル30ドルといったところでしょうか。

クラスの仲間と親睦を深められるいい機会でした。

毎回ではないですが、10回分くらいはアクティビティをしているとして、300ドルくらいは使ったと仮定します。

5. 滞在費

滞在費は大きく分けてホームステイとシェアハウスの場合があります。

当然ホームステイの方が食費もついているため結構高めです。

ホームステイの場合

ホームステイの場合ですと週300ドルくらいでした。

食費もついていると考えると、そこまでシェアハウスと変わらないのじゃないかなと思いましたが、食事の自由がなかったり、ルールが厳しかったり、運に左右されるところが大きいので難しいところです。

私は語学学生のころは3か月だけ住んでいました。

一か月1200ドルと考えると、東京で住んでいるのとそこまで変わらないな~という印象でしたね。

シェアハウス費用

私の場合は週120~150ドルくらいの範囲で住んでいました。

ゾーンが1~3の間で住んでいた記憶があります。

ゾーン3ではじめ1か月くらい住んでいて、そのあとは町から1か月出ていて、

ゾーン2が2か月、ゾーン1が2か月くらいだったでしょうか。

結構色々なところを彷徨っていた記憶があります。

正確には難しいですが、シェアハウスを出たあと5か月は町で暮らしていて、3000ドルくらいで暮らせていたということになりそうです。

6. 交通費

ブリスベンの交通費は年々上がっているらしくて、非常にみんな文句を言っていたのを覚えています。

2008年~2009年と2010年~2012年までいたのですが、どんどん値段が上がっていきました。

下記のように乗車券を買うとかなり高かったです。

Zone Fare
1 $2.85
2 $4.10
3 $5.60

今現在みたらこのくらいの値段でした。

10年前はもう少し値段が下がっていたと記憶しているのですけど、、

定期券の場合は下記の料金です。

Zone Fare
1 $93
2 $126
3 $172

ホームステイの時にがZONE2で定期券を三か月分かっていました。

ZONE3に住んでいたのが最初の1か月で、その後はほとんど定期券を使用しなかったんですよね。

なので、交通費はトータルで500ドル+αの値段がかかっていました。

7. 食費

これは月にそんなにかけていません。

何せそこまでグルメではないので、一人で外食なんかも全くしませんでしたし。

月に300ドルくらいで過ごしていたと思います。

なので、8か月で300ドルなので、2400ドルくらいを使ったという概算になりそうです。

8. 交際費

お酒飲んだり、どこかで何かをしたりというところですね。

近くにビーチがあったり遊園地があったりなどしましたけれど、なかなか行く機会がなかったですね。

海が好きな人ならばかなり行くかもしれませんが。

飲み会やみんなで食べたりというところだったので、平均して月に3万円くらい使っていたと思います。

11ヶ月×300ドル 3300ドル

9. 携帯電話代

今は亡きブリスベンのMVNOをしていた旅行代理店があり、そこで契約をしていました。

月に約20ドルくらいでした。

SMSの費用が無料のプランにしていたので、そこまで料金がかかるわけではなかったのですが、一度通話料が1万円を超えてしまう時があって、そこからはとても反省しました。

11か月×20ドル+100ドル=320ドルくらいでしょうか。

10. その他

突発的に何か買ったり、日用品を買ったりなどしました。

シャンプーやリンス、洗濯粉や歯磨き粉、トイレットペーパーなどでしょうか。

そんなところを考えていただければいいかなと思います。

他にもいろいろ帳尻合わせるとして、多く見積もって月に200ドルくらいかな?と思います。

11か月×200ドル = 2200ドル

まとめ

入学金230ドル+授業料18000ドル+教材費320ドル+アクティビティ費用300ドル+滞在費6600ドル+交通費500ドル+食品2400ドル+交際費3300ドル+携帯電話代320ドル+その他2200ドル

合計すると34,170ドルとなります。

当時のレートがかなり円高になっていて助かりましたが、日本円にすると270万くらいかかっています。

こうやって思い出してみるとなかなか青ざめそうな値段ですね。。

概算なのでこれくらいになっていますが、実際にはもっとやりくりしていましたし、バイトもしていたのでここまではかかっていないと思います。

自分はここまでの投資をしてリターンを得れたのか?と言う疑問は湧いて来そうです。

しかし、ここまでかかっている人もいると言うことを参考になさっていただければなと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

語学学校の体験記は下記の記事をご参照ください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする