ハンガリーでプリペイドSIMカード購入しました。その手順と体験記。 | セール情報大好き

ハンガリーでプリペイドSIMカード購入しました。その手順と体験記。

どうもこんにちは!尾崎(@s4224945)です。
最近パーマかけたら2日でとれました。

前回こちらのブログでも出てきたように、オーストリアでの simカードを購入したことを書きました。

今回はオーストリア後に入った国ハンガリーの simカードの購入記を書いていきたいと思います。
ハンガリーはsimカードを購入した国の中で最も丁寧な対応を受けました。
こんな中でもお国柄みたいなものが出てきているようでした。
そしてやたらと日本人に優しい国だったので、ぜひともおすすめの旅行先です。

↓他の国の旅行記はこちら

チェコでのプリペイドSIMカード購入記

スペインでのプリペイドSIMカード購入記

オーストリアでのプリペイドSIMカード購入記

スポンサーリンク


Telenorという親切キャリア

今回も前回と同じく2017/11のお話です。
今回はオーストリアからそのまま入国したこともあって、空港からは入国しませんでした。
なので、空港ではなくて街中でSIMカードを購入しております。
ハンガリーで主要なキャリアとなっているのは下記の3つです。

・Telekom
Telenor
・Vodafone

全然聞いたことなかったのと、ホテルに近いという理由からTelenorという会社のものを使ってみることにしました。
Vodafoneはよくあるやつで、TelekomはT-Mobile系だったと思います。

ハンガリーのTelenorの感想

Telenorでは店内でうろうろしてたら話しかけてきてくれて、PrepaidのSIMカードを買いたいというと、やたら親切そうなにーちゃんがそこの席でまっててくれれば呼ぶから、待っててといってくれました。
しばらく待っていると、私を呼びに来てくれて契約にいくことができます。
約3000フォリント(1500円くらい)で1GBのプランを購入できました。
ここで驚いたのですが、何やら大量の書類をサインして行くことになります。

こんな感じの書類にサインを何回かしていきます。

犯罪防止のためでしょうか?

お国柄ということですかハンガリー人はとても几帳面なのでしょうか。
オーストリアはは何もサインする とても斬新に覚えました。

オーストリアよりもたくさん入っている容量ではないですが、必要十分なくらいでした。
オーストリアではホテルの wi-fi が使えなかったこともあり、大きめの容量が良かったくらいでしたが、ハンガリーのホテルでは wi-fi がきちんと使えていたので、全く問題はありませんでした。

もちろん特にに設定することもなく、すぐに 電波をキャッチしました。
ID( パスポートなど) などが見せる必要があるため、必ず持っていきましょう。
通信の品質などはとても良かったです。特に途切れることなく快適にブラウジングができました。

ハンガリーのブダペストだけに滞在していたので、他の国には行っていないのですがローミングができそうな感じがしました。

なお、トップアップはMy Telenorというアプリをダウンロードしておくことで、海外からでも国内からでもすることができるそうです。
simカードの期限は1年間有効だそうです。次回に来た最後使うことができます。

・まとめ

今回の3か国行ったときに購入した simカードたちは、どれもすぐにお手軽に購入ができ、 に設定することなくデータ回線を使用できるのでとても便利でした。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする