TOEICの英単語はどこまでやる?リーディングは?リスニングは? | セール情報大好き

TOEICの英単語はどこまでやる?リーディングは?リスニングは?

いつまで単語勉強すればいいんだ。

どうもこんにちは!尾崎(@s4224945)です。

結構英単語の勉強って時間をかけてじっくりやってしまいがちです。

今回はTOEICの英単語はどのくらいやればいいかを考えます。

スポンサーリンク


TOEICの英単語はどこまでやればいい?

TOEICの英語を勉強しているととある疑問がわいてくるかと思います。

それは、「英単語はどのくらいやればいい?」ということです。

ビジネス文章と日常会話が飛び交うTOEICにおいて、たくさんの単語を覚えていかなければいけません。

恐らくTOEICを勉強されている方でしたら、ある程度の単語の暗記だったり、単語に対するトレーニングをしているかと思います。

たくさんの英単語のが出てくるTOEICの単語ですが、毎回試験を受けているを受けていると自分の中で単語をこれまでにないくらいやった!という気持ちでもやっぱり知らない単語が毎回出てくるような気がします。

「いったいどこまでやればいいんだ・・・」

と思ってしまうのも無理はありません。

TOEICの英会話単語の重要性

英会話の英語が大きく役に立つTOEICの特にリスニングパートですが、こちらはほとんどが日常会話で構成されています。

なので、TOEICの日常会話を攻略するためには特別な単語を勉強することは必要はありません。

つまりはTOEICの英単語の本をガッツリ暗記しなくてもある程度の点数は取れてしまうということです。

例えばTOEICの400点とかだったらそこまでの単語力はいらないと思います。

現に語学留学をした人たちはリスニングに関してはかなりの高得点を取れる人が多くいます。

語学留学をしている人たちは、日常会話に関してはそこまで問題がなくなるので、自然とある程度の日常会話単語は覚えています。

それを考えると、やはり特別な単語帳などを購入してガッツリやっていく必要はありません。

では、どうするべきかというと、TOEICの公式問題集のリスニングパートで出てくるわからない単語をどんどん覚えていくということが挙げられます。

まさに習うより慣れろの状態なのですが、多くの人に応用可能なのはこの方法なのかなと思います。

リーディングでもベースは日常会話の単語

リーディングは基礎的なところは身に着けなければいけないリーディングに関しても基本的には同じことが言えます。

結構な部分は日常会話の単語をやっていればわかるところもありますが、リーディングに関してはしっかりと単語を覚えておかなければ全く分からなくなってしまうこともしばしばです。

公式問題集で解決できるところもありますが、Part7では文章が読めなくなってしまうこともあるかもしれません。
(それでも文章の前後関係や文法でうまくできることもたくさんあります)

そして単語の問題もリーディングにはあるので、高得点(リーディングで400点以上)を取りたいなら単語の勉強も必要になってくるかと思います。

そういうレベルまで達したら単語の本を使ったりして多くの単語を意識的に覚えていくことが必要となってきます。

しかし、それまではまずはTOEICの文法書が一番最初に覚えるべき単語と文法で、それからTOEICの公式問題集に出てくる単語を片っ端から覚えていく方が効果的に勉強できるのではないかなと思います。

TOEICの英単語勉強は効率が悪い

際限がないTOEICの英単語ここで注意点です。単語の勉強って時間が食う割に効率的に試験結果に結びつきにくいです。

それなのに単語の勉強ばかりしている人が結構多いです。

単語の勉強をしているときって大体が単語帳を開いてひたすら覚えているような状況なんだと思いますが、これはとにかく効率悪いし、「なんだか勉強している感」がでてしまうことが多いです。

私がそうだったのでよくわかります。

英会話とかのために単語を勉強したいというならばわからないこともないですが、ことTOIECに関しては、TOEICの点数を上げるために勉強するのですから、一回でも早く目標点数を稼ぐことが求められます。

ぶっちゃけ点数さえ取れれば英語力とかなんてどうでもいいんです。

TOEICで英語力を測る必要がそもそもないんです。なので、単語の勉強はなるべく少なく、効率的に行っていきましょう。

最後に

このようにTOEICの英単語はある程度日常会話レベルでOKな他、TOEICの公式問題集を解いていくうちに覚えられるもので大半がOKだと思います。

その後は必要であれば英単語帳などを使って勉強していくのが良いのではないでしょうか。

▼こちらの記事もおススメ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする