ドコモの2018/5/25より出る新料金プランが悪徳すぎるので解説 | セール情報大好き

ドコモの2018/5/25より出る新料金プランが悪徳すぎるので解説

改悪です。

どうもこんにちは!尾崎(@s4224945)です。

今回は前回書いた預託金の話の発端となった記事です。

ドコモの預託金は解約時に返金してもらえるのか

NTTドコモは2018/05/25から新しい料金プランを出して、旧プランを廃止をすることにしています。

そこで、色々考えたのですが、今旧プランを使っている人はもう二度と旧プランにできなくなってしまうので、よーく考えたうえでプラン変更しましょうね。
という結論に至りました。

どのプランがなくなるのか

スポンサーリンク


  1. 新規申し込み終了プラン
    「シェアパック5/10/15」「ビジネスシェアパック5/10/15」「データSパック」「データMパック」は、2018年5月24日(木曜)をもって新規申し込み受付を終了。

個人では安いプランのところを狙われて、シェアパックはほぼ一新するとったところです。

代わりにできるプランは?

代わりにできるプランがこの二つ。ベーシックシェアパックとベーシックパックです。
旧プランでいうシェアパックとデータパックに該当します。

それで、料金プランを見やすくしたものがこちら下記のものとなります。

ベーシックシェアパック

<ステップ4>~30GB 15,000円
<ステップ3>~15GB 12,000円
<ステップ2>~10GB 9,000円
<ステップ1>~ 5GB 6,500円

ベーシックパック

<ステップ4>~20GB 7,000円
<ステップ3>~ 5GB 5,000円
<ステップ2>~ 3GB 4,000円
<ステップ1>~ 1GB 2,900円

何がどうなるのか

このドコモの新料金プラン、あまりにもあくど過ぎて笑えます。

今までのプランだったら5GB、10GB、15GBまで行ったら低速になってしまって、通信制限がでてしまいますよ~というプランでした。
データパックも同じく2GB、5GB…まで到達したら低速になって使いにくくなり、速度制限をしてしまうというプランだったのです。

スピードモードという+で1GB使いたい人はお金払ってねという制度もあって、わかりやすかったのですが、今回の新料金プランは、使った分だけ飛びててしまって、そこから青天井で一番多い容量まで進んでいくという悪徳プランです。

例えばベーシックパックを使っていて、今まで2GBくらいで低速になってしまっていた人が気づかないうちに3GBの4000円を超えてしまって5GBの5000円にいつの間にかなってしまうことがある、ということになります。

大容量のパケットパックは未だに残るとしても、これっていくらなんでもあんまりにもひどすぎないですか?

救済措置的に、事前にデータ通信が容量ごとに近くなると通知をしてくれるというサービスはあるようです。

しかし、家族で使っていたら通知もくそもないような気がしますよね。

結構誰かが使ってしまうということは考えられますし、多感な時期の子供を抱える家庭でしたら、どんどん子供が使っていってしまうことも考えられますし、ドコモはお金取れそうなところからどんどん取ってしまおうという気が私には感じられます。

まとめ

今回の料金プランの改定はいただけません、、、

現在旧プランを使っている人はいいですけれども、これから新しく契約する人たちには全くをもっておススメができないです。

これから契約する人は本当に注意をしてくださいね!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする