子どもの英語教育について。どういうもので英語を教えるべきか? | セール情報大好き

子どもの英語教育について。どういうもので英語を教えるべきか?

どうもこんにちは!尾崎(@s4224945)です。

昔から英語教育は早いうちから行うのが良しとされています。
これは私もまったく同意で、早ければ早いうちに言語というものは覚えていくことができます。
もちろん、親が強制して覚えさせるというのは絶対に辞めた方がいいですが、早いうちから覚えるのがベターだというのは誰でもわかりますよね。

そこで、あなたは自分のお子さんに何歳から英語を習わせたいですか?
もしくは何歳から英語を習わせようと思っていますか?

子どもが英語を早く話せるようになりたい!と思うようでしたら、ぜひともやってあげた方がいいとおもいますし、子ども興味をそぐわけにはいかないなぁと思います。
興味がわかないものに関しては集中して取り組むことはできませんし、長続きさせることも難しいですからね。
親が強制して、全然できなくて失敗体験を植え付けてしまうのも子どもの人生のためにならないと思っています。

大事なことは、子どもが興味があるうちから親が英語教育の橋渡しのようになって、子どもに教えてあげるのが重要かなと思っています。

そこで、今回は子どもの英語教育について、どういうもので英語を教えてあげるべきかを紹介します。

スポンサーリンク


子供は覚える早さが段違い!

幼児期の子どもは、好奇心もあり、何に対しても覚える速度が大人とは段違いです。
成長過程をみるのはすがすがしくもありますね。

この時期の子どもだったら、親のマネをしたり、親の会話を通して日本語をどんどん吸収しています。
このときに英語学習を小さいころからしてあげることができれば、英語を楽しく、簡単に覚えて見よう見まねで覚えていくことができますよね。

子どもの本での学習方法

そんな時に使えるのが下記のような本たちです。

こういった本を親と一緒に子どもが読むことによって、英語への関心も増しますし、いい英語のトレーニングになりますね!

子どもの成長を親がこういった本を使って、視覚的な要素を使って教えてあげることができれば、きっと子どもも英語のレベルアップにつながるでしょう!

子どもの動画での英語学習方法

最近ではDVDやNetflixやHuluなどの動画配信サービスを使って色々な動画をみることができます。
しかも、色々なものがあるので、英語での動画を見るには全く問題ないでしょう。

こういった下記の動画などが子供向けにでています。

・バンザイ!キング・ジュリアン
・トロール・ハンターズ
・ムークのせかいりょこう

一度みさせてみても面白いかもしれませんので、ぜひ検討しても良さそうでしょう。

話す機会を作りましょう

日本に住んでいる以上、なかなか英語を話す機会が出てこないかもしれません。

そこで、最近では英語を使った習い事というのが、増えているそうなんです。

例えばこちら!

幼児・小学生対象のサッカーを通して英語を楽しく学ぶ英語サッカースクール! 川島永嗣がアンバサダー!英語が話せなくても大丈夫!サッカー初心者大歓迎!!

こちらは小さい子でも入れるサッカースクールになっており、サッカーと一緒に英語が学べるというサービスになっています。

ちょっと前にこのスクールの概要などを動画でみたのですが、これなら小さい子でも喋れるようになる工夫がたくさん仕掛けられていて面白そうです。

もっと小さい子だとネイティブスピーカーのいる幼稚園に通う子も、最近では多いようです。
ネイティブスピーカーがいる幼稚園なんて、昔は聞いたことなかったかもしれませんが、関東ではだいぶ増えてきているので、一般的になりつつあるようです。

私の親戚でも幼稚園をやっている叔父がいて、ネイティブスピーカーを入れて子供への効果については話していることがありました。
なかなか面白い試みだと思いましたよ!

子どもの英語教育に関してまとめ

大事なのは、英語に触れさせる機会をつくり、とにかく楽しく取り組むことです。
このほかにもいろいろな習い事で「習い事×英語」みたいなのは流行っているはずです。
私が実際に効果が試せるものではないにしろ、子どもの英語教育にはとても役立ちそうだなぁとおもえるものばかりです。

そして、習い事をしている子どもたちは英語の発音は非常に良いところを見ると、早めに英語教育をするのは悪くないんじゃないかなと思います笑

英語が子どもにとって覚えたいもの、興味がわくものとして覚えていけるようなら、ぜひとも早いうちから子どもの英語教育をしてあげると良いかなと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする