留学中に英語が嫌になった場合は | セール情報大好き

【留学】留学中に英語が嫌になった場合

どうもこんにちは!尾崎(@s4224945)です。
留学中に英語嫌になった場合はどうすればいいかを書いていきます。

留学中によくある相談の一つに英語が嫌になった場合はどうしてますか?

ということが寄せられたりします。

留学中は何が何でも留学先の言語を使っていないと、何しに留学に来たんだろうと思いつめてしまって自分を追い込みます。

そうするといつか、無理をさせていたのが裏目になってしまって、英語を使うのが苦痛になって来てしまう場合もあるようです。

真面目な人ほどこう考えてしまうのでしょうか。なかなか思いつめてしまっているような気がします。

個人的には英語を使うのがあまり苦になったりしなかったので、あくまで提案ベースですが参考になると幸いです。

スポンサーリンク


気分転換に日本語で喋る

留学に来てるのだから、英語など現地の言葉を話さなくてはいけない。

それはそうなのですが、たまには息抜きしてみてはいかがでしょうか?

心身ともに健康でないと、なかなかうまく勉強だってできないかと思います。

留学先に日本人がいれば、そこで色々と喋れるかと思います。

何かに対して愚痴でも構いませんし、人に対すること、英語に対すること、将来の話、などなど話のネタは尽きないでしょう。

同じ場所で過ごしてるからこそ話せることはたくさんあります。

同じところでともに勉強した人というのは、帰国しても長く付き合っていける友人となることが多いです。

ぜひ、日本語を使うことをマイナスには考えないでたまには日本語で思い切って喋ってみてください。

現地に日本人がいない場合は、ネットで日本にいる友達に話しかけてみましょう。

今の時代は便利なもので、スマホさえあれば誰とだって会話ができます。

自分の置かれてる状況を完璧に把握してもらうことは難しいかもしれませんが、思いっきり日本語でたまには喋ってみるとストレス発散になるかと思います。

ちなみに私はよく日本人の友達とも喋っていました。
分け隔てなく会話していたのでそこまで英語が嫌にならなかったのかもしれません。

スポーツやリラクゼーションする

ストレス発散の意味合いではスポーツやリラクゼーションも効果があります。

誰かと交流できるスポーツでも良いですし、水泳や自転車、走るなどといったスポーツもかなり有効的です。

私はよく自転車に乗って気分を転換させていました。
とても手軽で誰にでもできるし、複数人でもできるので、気分転換にはもってこいだと思っています。

誰かと交流すればそこでまた気分が変わって英語を話したくなるかもしれませんし、そこで新たな出会いがあるかもしれません。

積極的に外に出て遊んでみましょう。

気を張りすぎてはいけない

一番良くないのはこの気を張りすぎてしまってしまうということだと思います。

気を張りすぎることによって、精神的にどんどん追いやられてしまい、しまいには精神をおかしくしてしまうかもしれません。

あまり深く考えないようにするとともに、日本語は使ったとしてもいい、むしろ現地の日本人がいるなら日本人と協力して留学を乗り越えたり、将来の話をしていくのもよいでしょう。

よくネットでも色々なところでも日本人とつるむのはよくないという意見や風潮がたくさんあります。

しかし、無理をするよりも断然日本人の友達とも積極的に関わっていくことの方がむしろプラスになると思います。

一人よりも複数でいた方が何かとやりやすいこともあるでしょうし、心の安定も保てます。

留学中は、英語が嫌になってしまうこともあるでしょうが、せっかくの留学です。

気負いすぎないように頑張っていきましょう!

下記の記事で語学留学の体験記を書いていますので、ご参考までにどうぞ。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする