天王洲アイルのハーバーマーケットとは?その概要や雰囲気は? | セール情報大好き

天王洲アイルのハーバーマーケットとは?その概要や雰囲気は?

どうもこんにちは!尾崎(@s4224945)です。

今回は天王洲アイルにある天王洲ハーバーマーケットとに行ってきましたので、その雰囲気をお伝えしたいと思います。

公式サイトはこちらです。

Tennoz Harbor Market 天王洲ハーバーマーケットはリノベーションし生まれ変わった運河沿いの倉庫と、200m以上におよぶボードウォークを会場とした、全天候対応型のマーケットです。

大江戸骨董市にもいっているので、よろしければどうぞ。

天王洲アイルのハーバーマーケットとは

天王洲アイルアイル駅近くにある港湾沿いにあるアンティークマーケットで2018年の2月から始まりました。

今回で4回目の開催となります。

港湾側にあるのでとても見晴らしが良くてきれいな場所にある倉庫で開催しています。

開催日は月1か2でやっているみたいです。

次回からの日程は下記のようになっています!

第5回目は2018. 06. 09 sat – 10 sun sat / 11 : 00~ 20 : 00 – sun / 11 : 00 ~ 18 : 00
第6回目は2018. 07. 14 sat 11am-18pm
第7回目は2018. 08. 18 sat 11am-18pm
第8回目は2018. 09. 16 sat 11am-18pm

スポンサーリンク


天王洲ハーバーマーケットの開催場所

天王洲ハーバーマーケットは天王洲アイル駅近くのB&C Hallという港湾沿いの倉庫にあります。

有名なレストランT.Y.Harborの真横にあります。

天王洲ハーバーマーケットの雰囲気は?

天王洲ハーバーマーケットの雰囲気はこんな感じとなっております。

こんな感じでやっています。港湾沿いだけあってとても雰囲気がいいですね〜

今日は天気もよく暑いくらいですが、なかなか楽しめる雰囲気です。

骨董市よりもアクセスはしづらいですが、見ている人たちも骨董市よりも少ないため、とても見やすいアンティークマーケットです。

店舗数も結構多く、ここの倉庫内だけでも20店舗くらいが出店をしています。ここの倉庫だけでなく、もうひとつが駅側の方にももうひとつ倉庫があります。

こちらはアンティークではなくハンドメイドを中心としていました。

ハンドメイドの作品ってすごいですよね。

これ毎回自分たちで作っていると思うととてもすごいです。

まとめ

港湾沿いにある新しいアンティークマーケット。なかなか楽しいですよ!お散歩がてらにいってみてはいかがでしょうか?!

読んでいただきありがとうございました!

▼こちらの記事もおススメ

スポンサーリンク