英語教材としての映画やドラマ!NetflixやHuluでの作品選びのコツ! | セール情報大好き

英語教材としての映画やドラマ!NetflixやHuluでの作品選びのコツ!

どうもこんにちは!尾崎(@s4224945)です。

映画を用いて英語学習を始めてみようと考える方、なかなか良いと思います。

私も映画やドラマを見て英語力が上がったなと思うことはたくさんあります。

ネイティブの自然な英語が聞けるので、映画やドラマはとても良い英語学習の教材と言えます。

特にNetflixやHuluたくさんの映画やドラマがあるので、作品の選び方には気を付けたいところです。

映画やドラマを選ぶ際にぜひ押さえて欲しいポイントが存在しています。

少しでも英会話上達に役立てたいと考えるのであれば、ぜひとも実践してみてください。

今回は効果的な英語教材として映画を選ぶ際のコツと英会話上達において映画やドラマ学習から身につく力について紹介いたします。

スポンサーリンク


英語学習として映画やドラマをNetflixやHuluでみる時のコツ

絶対重要!「楽しい」と感じる作品を選ぶ

英語を学習する際に、重要なことは「楽しい!」「面白い!」と感じることです。

英語を学習する際には結構な時間が必要です。

嫌々な時間がずーっと続く学習なんて誰もしたくないですよね?
楽しければ長く続けることができるようになります。

つまらない作品をずっと見続けることほど苦痛なことはないわけです。
それと何度も見直して、すぐに飽きてしまうようならばそれも辞めた方がかもしれません。

「楽しい!」と思う感情が、学習を長く続ける要因にもなりますし、記憶の定着にも一役買います。
試しにつまらない作品と面白い作品でやってみれば違いは一目瞭然ですよ。

NetflixやHuluなら色々と作品があるので、絶対面白いのが見つかります!

目的に合致した作品を選ぶこと!

まずは英語学習、英会話学習の目的をはっきりさせることが大事です。

留学で日常会話を勉強しなければいけないと思って、法律の勉強をし始める人はいませんよね。

それと同じようにやみくもに面白い動画ばかり見ていてもあまり効率的ではありません。
NetflixやHuluは作品がたくさんあるので、見るのも困ってしまいます。
例えば、パイレーツオブカリビアンは面白いですが、日常会話が多いわけではないので、日常会話を覚えたい人にとっては非効率になります。

このように「自分の目標はなんなのか」というのをはっきりさせておき、その目的にあった映画を選ぶことで、効率的な英語学習が可能になります。

私は留学のためにsitcomと呼ばれるドラマをみていました。
簡単に言うと「フレンズ」とか「フルハウス」とかああいったたぐいのドラマですね。
このドラマは日常会話がたくさん詰まっているので日常会話を覚えるには最適です。
そこで、NetflixやHuluでもやっている「フレンズ」や「フルハウス」などを日常会話の題材としてみるのはいかがでしょうか?

また、ビジネスに使う英語を勉強したいという場合は、ビジネス関連の出てくる映画やドラマを選ぶと良いでしょう。
それこそNetflixやHuluでもやっている「SUITS(スーツ)」とか「White color」とかがいいかなと思います。

考えてみれば当たり前なのかもしれませんが、映画やドラマなどの動画で勉強している人でも的外れに面白さだけで選んでいては、
「動画で英語勉強なんてできないだろう」と思って辞めてしまう人は多いです。

まず、必ず目的をしっかりと決めてから目標に近づけるために邁進していきましょう。

自分が話し方をマネしたいという人の映画やドラマを見ること

どんな言語もそうですが、言葉の習得には周りの影響の影響が大きいといわれています。

小さい頃だったら両親などの家族の影響や友人たちの影響などがとても強いです。

言葉遣いが汚い家族だったら汚い言葉を覚えてしまうことは無理ないと思いますし、良い言葉を使う家族だったら、良い言葉を覚えていくわけです。

これは当たり前のことですよね。
なので、どんなことを喋りたいかによって、どんな俳優や女優を見るかは変わってきます。

というわけで、映画やドラマで自分がこのような話し方をしたいという人をしっかりと決めてから、見る動画を決めていきましょう。

私も経験がありますが、映画やドラマを英語学習として使ったあとには、どことなくその俳優の話し方に影響をされていることがあります。

このように映画やドラマの登場人物から影響をうけるというのはなかなか即効性があります。
なので、英語を学ぶのであれば自分がなりたいと思う俳優や女優を見て英語を習得していくのが効果的と言えます。

自分の好きな俳優や女優なわけですから、頭の中にも残りやすいわけです。

▼こちらの記事もおススメ

HuluやNetflixの再生速度を変えて倍速視聴やスロー再生して英語学習をする方法を紹介します。

英語学習で身につくこと - ネイティブへの慣れ

ネイティブを目の前に委縮してしまう原因

長い間英語学習を続けているのに、実際にネイティブと遭遇すると何も発言できなくなってしまう方は多いです。

私の経験でも、大学の勉強の一環でアメリカに1か月いったことがありましたが、引率した先生(英語教師)がアメリカで全く英語を喋れないし、通じないというところを見ました。
学校の先生ですよ?
そんな人が英語が全く話せないと言うところに衝撃的に思えました。

「ネイティブへの免疫力」も、映画学習で習得できる重要な力の一つと言えるでしょう。

では、NetflixやHuluで映画やドラマで身につく「ネイティブへの免疫力」とは具体的に何なのかを見てきましょう。

発音、アクセント、スピード

映画やドラマで使われている話し方というのは、実際に英語圏の人たちが日常会話を喋っているように、かなりナチュラルに近いです。

実際にはもう少し砕けているかもしれませんが、それでもかなりナチュラルです。

ナチュラルな英語に触れられるということは、ネイティブの発音やアクセント、スピードへの免疫をつけることになります。

先の例に出した英語教師の例は、「イギリス英語で勉強していたからアメリカ人は何を言っているかわからなかった」と言い訳をしていたのですが、
英語を動画で勉強できるこのご時世、はっきり言って勉強をしていない言い訳にしかすぎません。

このように簡単な受け答えにも返せないということは、ナチュラルな英語のスピードや発音に耳が慣れていない為です。

どんなに簡単な会話でも、ネイティブの話し方に慣れていなければ、最初は圧倒されてしまうのも無理はないんですよね。

英会話を勉強している人も、ネイティブとレッスンをしていたとしてもゆっくりで、不自然な会話をしていたらはっきりいって意味がありません。

本当に英会話を学びたいならナチュラルな英語を聞くべきなのです。
というわけで、このように動画を見ることによってナチュラルなスピードを聞いていくことによって耳が慣れていくことになります。

ただし、聞き取れるということにはならないので注意をしておきましょう。

聞き取るには語彙力なども関係しているため聞き取るにはスピードに慣れるだけではだめということですね。

▼こちらにスピードの調整方法があるので、早すぎたり遅すぎたりする場合は調整しましょう。

HuluやNetflixの再生速度を変えて倍速視聴やスロー再生して英語学習をする方法を紹介します。

英語を話す際の振る舞い

ネイティブを目の前にして委縮してしまう原因の2つ目は、「英語を話す際の振る舞い」にあります。

つまり、日本人には馴染みのない英語ネイティブの話し方やジェスチャー、表情に戸惑い、圧倒されてしまうのかなと思います。

バイリンガルの人は、英語を話している時と日本語を話している時とで別人のように感じる人がいます。

バイリンガルだけではなく、その言語が染みついている人は、それは単に違う言語を話しているからというだけでなく、ネイティブの振る舞い、雰囲気も習得しているためです。

サッカーで有名な長友佑都選手がイタリア人っぽいとよく言われているのは完璧にネイティブの立ち振る舞えいを習得しているからかと思います。

映画やドラマを見ておくことで、徐々に立ち振る舞いや雰囲気を身に着けることができるようになります。
これも映画やドラマをみておくことで、視覚にも訴えて脳に刻むこむことによってどんどん脳にダイレクトに刻むこむことができます。

まとめ

英語学習において映画やドラマを見ることのポイントと習得できることについて紹介しました。

ポイントとしては下記の3つです。

・NetflixやHuluで楽しめる映画やドラマを選ぶこと
・目的をしっかりと明確にしておくこと
・マネしたい俳優や女優をはっきりとしておくこと

身につくこととしては下記のものです。

・発音、アクセント、スピード
・英語を話す際の振る舞い

NetflixやHuluで映画やドラマを見続けていれば、まったく動画を見ていない人よりも英語に慣れていくかと思います。
しかも、NetflixやHuluなら月額も安いですし、無駄になりません!

洋楽を聞いている人が英語に慣れているということもありますし、触れるということは非常に重要です。

楽しみながら何度も何度も続けていくうちに、目標となるシチュエーションで対応できるようになってくる日がより早く来ると思います。
それにより、ネイティブに対応ができるようになってくるはずです。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする