留学にどのくらいお金を持っていくのか | セール情報大好き

【留学】留学にどのくらいお金を持っていくのか

どうもこんにちは!尾崎(@s4224945)です。
現金を持ち歩くのは結構怖い派です。

海外旅行よりも大変なお金がかかる留学。
そのためにお金をどのくらいもっていくかと言う悩みも発生します。
長期になればなるほどもちろんお金が必要になりますし、お金の管理も大変になります。

いくらなんでも現金をたくさん持っていくわけにもいかないですし、逆にお金を少なく持っていったらとても不安です。

海外旅行の時も同じような不安になることがあるでしょう。

しかし額が額なので不安に思う人たちの気持ちはとてもわかります。

今回は実際に私が行った方法と今をすればもっと手数料が安くなったなぁと思う方法を両方とも書いておきますのでどうぞご覧ください。

スポンサーリンク


留学先に事前に持っていくお金

事前に持っておくお金は私は最初は30万位にしておきました。
一番最初に長期で留学した1回目は1年間で、
2回目以降は半年に1回帰国していたのであまり不安になる位のお金は持っていかないことにしておりました。

最初の30万というのは結構少ない方だなと思われるかもしれません。
基本的な決済はすべてクレジットカードで引き落とすことにして、最初の3ヶ月はホームステイをしていたので家賃の発生がありませんでした。

となるとほとんど現金を使う事がなくなります。

なので最初の30万円ていうのほとんど3ヶ月ので手をつけなかったと言うことになります。

その後は毎月家賃含めて10万円以下に抑えていました。
半年後、身内が留学先に来てお金を届けてもらい、残りの半年を過ごしました。

そこまではお金をほとんど日本の口座に入れておいてクレジットカードから全て引き落としをされるという手はずにしておきました。
当然日本の口座には日本の口座には貯金がほとんど全てを入れておいたのでクレジットカードが使えなくなると言う危険性はありませんでした。

後で追加するお金、振り込んでもらうためのお金

最初にまとまった額をもっていくのは怖いものですから、あとでまとまった額を海外送金をしてあとで振り込んでもらうという選択肢もあるでしょう。

ただし、結構この方法は自分はいいですけど振り込んでもらう親や身内としてはなかなか大変なんです。

慣れている身内だったらいいですけど、海外の銀行へ送金するとなるとやってもらうのがおっくうになるかもしれないです。

銀行はどこでもいいですけど、それなりに手数料とられてしまいます。

もしやるなら、身内にお金を入れてもらうか、事前に入金しておいてインターネットバンキングなどで自分で操作するのが良いと思います。

手数料は銀行にもよりますが3000円くらいになります、円貨建てで送る場合はさらにプラスで何千円かの手数料がとられます。

詳しくは下記のようなところに載ってますので、ご参考までにしてください。

窓口で送金をするとさらにプラスでいくらかを取られてしまいますが、しっかり届くと思うので安心だと思います。

組み戻し手数料(何かの口座番号などを間違えた場合の手数料)が何千円かするので、間違えそうという人は身内に窓口からやってもらうのが一番ですね。

結局は何でお金を引き出したり決済するのが1番いいのか

私は一度身内が留学先まで旅行に来たこともあって、現地で日本円を受け取って残りの生活費にあてていました。

しかし、今考えると一番良かったお得な方法として、クレジットカードを持っていき海外キャッシングをすることだったと思います。

クレジットカードの海外キャッシングカード使ったことあるかたもいらっしゃるでしょうか。

・手数料が安い

・金利も安い

・必要な額がATMさえあれば即手に入る(月の制限はあります)

と考えられる中でメリットだらけの方法で、即日返せば金利も安い方法です。

手順としては下記の手順で金利は抑えられます

・ATMからクレジットカードを入れて、借りたい金額を選択。

・その日から金利がスタートして、次の支払日までの金利が発生。

・即日クレジットカード会社へ電話をして、借りた額を指定口座へ入金すると金利が安くなる。

インターネットバンキングと、海外からでも050プラスやSMARTalkなどのサービスを使えば、海外にいても国内へ安く電話することが可能です。

また、海外にいると日本のように安全な国もありますが、どちらかといえば治安はよくない傾向にあります。

こうなるとさすがに現金をもっていくのは危険だなぁと思うようになります。

そこで使うのはクレジットカードの出番です。

よくスキミングにあったりするので不正利用が怖いと思われますが、もし何か不正利用があったとしても、その分はクレジットカードの会社で止めてくれるので、全く心配ないのです。

はっきりって海外旅行と同じです

そう、これだけ書いてみると何を隠そう海外旅行の時とほとんど同じなんだと思います。

額が違うだけで、キャッシングをしてお金を引き出したり、クレジットカードを多用したりするのは海外旅行と同じだと思っていただければいいと思います。

慣れてしまえば海外で生活するのもそこまで苦ではないという印象を持っていただければよいかと思います。

まとめ

最初はできる限り安全な額をもっていくことにします。

自分で許容できるような範囲で、少なくとも1,2か月は生きていけるだけのお金を持っておくとよいかと思います。

そしてお金がなくなってきたなと思ったら、海外送金を行ったり、海外キャッシングを行ってさらに追加でお金を出していくのが生活費を捻出していく。

こんな感じで基本的には大丈夫だと思います。

お金は一番困るところだと思うので、これらを参考にしてお金の管理をしてもらえればなと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする