西オーストラリア大学(University of Western Australia)のレベルや評判|西オーストラリア大学の留学は? | セール情報大好き

西オーストラリア大学(University of Western Australia)のレベルや評判は?留学するに最適?

今回はオーストラリアの大学でGroup of Eightであるにしかオーストラリア大学に関して、私の印象を軸にレベルやどんな大学か、評判辺りを書いていきます。

西オーストラリア大学に興味がある人、ぜひ参考にしてください。

あまり都市として知名度が高くないかもしれませんが、パースという西オーストラリア州にある西オーストラリア大学は数々のの有名人たちを輩出しています。

レベルが高く評判も良い大学ですが、個人的には西オーストラリア州は遠すぎてほとんど違う国みたいに思えます。

そのため学生や情報が入ってこなかったのもあり、ほとんど手探りで調べてみました。

私が留学し始めた2010年でももちろんネット環境はありましたが、なかなか調べるのが難しかったな、イメージつかなかったなと思いました。

アカウンティングを専攻しようとしていた私はあまりこの大学について触れることがなかったのですが、この辺りはこの辺りで値段も安そうですし、移住するにも良さそうなので、そういった目的の人は視野に入れてみるべきでしょう!

スポンサーリンク

University of Western Australia(西オーストラリア大学)とは?

西オーストラリア大学は西オーストラリア州の都市である西オーストラリアの中心部のクローリーというところがメインキャンパスの大学です。

とにかく色々な部門で特出した科学者を輩出しており、QSのランキングでも100位以内には入っており、とオーストラリア国内では評判が良い大学です。

西オーストラリア州は他に数校しか大学がありません。

その中でも西オーストラリア大学は突出している大学だと言えます。

もちろん州では一番最初に出来上がった大学です。

簡単に言うとオーストラリアの旧帝大の一角という評判です。

その評判はまったく間違っているわけではなく、トップ校の一つで、ヴィクトリア州で働くならもちろん評判が良いようですし、その他の州でも同じことが言えます。

西オーストラリア大学Master of Professional Accountingの現在の基準(参考例)

この大学には留学生としてアプライもしましたが、特に入学に厳しいという印象はなく、GPAとIELTSのスコアなどで大丈夫でした。

・IELTSは6.5以上のスコア

・TOEFL iBTは82

なので、特に変わりないですね。

西オーストラリア大学のFees授業料など

今調べたところ西オーストラリア大学のannual feeがAUD $32,700なので、

1年で300万くらいですね。

他のGroup of Eightよりも結構安いかなってところですね。

そうは言っても一年間でこの金額はどこの大学も総じて高くなったといえます。

Master of Professional Accountingのコース(参考例)

オーストラリアの大学のコースを取るのってとても色々あってわかりづらいです。

そんな中、西オーストラリア大学のAccountingコースはとってもわかりやすくてびっくりします。

下記の中のCoreの方はマストでとらなくてはいけなくて、Optionの方は4個中3つとれればコースは完了です。

簡単でしょ?

Core

  • ACCT5501 Contemporary Issues in Accounting (6)
  • ACCT5511 Intermediate Corporate Financial Accounting (6)
  • ACCT5522 Principles of Auditing (6)
  • ACCT5531 Financial Accounting: Theory and Practice (6)
  • ACCT5633 Accounting for Planning and Control (6)
  • ACCT5637 Principles of Taxation (6)
  • FINA5432 Introduction to Finance (6)
  • LAWS5508 Commercial and Company Law (6)
  • MGMT5506 Ethics and Sustainability Management (6)

Option

  • ACCT4440 Management Accounting: Issues and Perspectives (6)
  • ACCT5521 Advanced Corporate Financial Accounting (6)
  • BUSN5505 Professional Development Practicum (6)
  • FINA5523 Financial Statement Analysis and Business Valuation (6)

西オーストラリアのMoA科目一覧

裏返して言えば、これ以外学ぶことができないと言えますが、とてもシンプルでわかりやすくていいと思います笑

しっかりと調べてから学ぶ科目に目を通しましょう!

日本の高校卒業したあとすぐ留学するには、ファウンデーションコースに入らないといけません。

西オーストラリア大学の場所

シティの中心部あたりに位置しているようですね。

とてもアクセスがよさそうです。

パースは行ったことはありませんが、とても素敵な街だと評判のいいところですね。

西オーストラリア大学のレベル感はどんな感じ?

この大学に入れば、ほとんどの人間が評価してくれる大学ということは間違いありません。

もちろん大学を出ただけではなく、しっかりと良いグレードを取った方がいいです。

ということですが、評判は良くても留学をしようとしている日本人にはいったいどのくらいのレベルかが実感がわかなくてよくわからないですよね。

どのくらいかをはかるのでよくQSランキングなんかが用いられるんですけど、それよりも何となくイメージを掴めるのはむしろこちら側です。

Through an exchange program, undergraduate and postgraduate coursework students can study overseas at a partner university while remaining enrolled at, and supp...

これは(西オーストラリア大学)の留学提携先の大学です。

これが多ければ多いほどいいというわけではなく、「大体この辺りと提携しているからこのくらいのレベルなんだぁ」とか思っていただければ十分かなぁと思います。

  • Akita International University
  • Chuo University
  • Kansai Gaidai University
  • Kobe University
  • Kwansei Gakuin University
  • Nagoya University
  • Okayama University
  • Osaka University
  • Ritsumeikan Asia Pacific University
  • Ritsumeikan University
  • Sophia University

レベル感はこんな感じですね。他のGroup of Eightと比べると提携校がかなり少なくなりますね。

他のところより少し提携校が少ないでしょうか。

ちなみに日本人は(西オーストラリア大学)に行ったとしても日本には留学できませんが、ほかの国には留学可能です。

豊富な提携先があり、その他の大陸でも大体がトップ校と提携しています。

西オーストラリア大学のデメリットとは?

評判もよし、実績もよし、留学生にも国内の学生にももちろん人気のですが、一つだけ弱点があります。

ちょっと都会から離れているってことですかね。

これは逆にメリットにもなります。

競争力が少ないので、就職するとかもしやすいかもしれません。

あとは授業料がGroup of Eight以外の学校と比べると高いですね。

しかしそれだけ良いものを得られるということもいえます。

西オーストラリア大学に留学することで得られる他のメリット

西オーストラリアは他の都市と比べると生活コストはかなり低いはずです。

メルボルンやシドニーで住むよりも安いのは間違いありません。

あとは、レベルの高い人たち、評判が良いなどのメリットがあるのは間違いないです。

オーストラリアの国内の大学生は相当優秀な人しか入ってこないですし、国外からもそれなりに自信のある人しかこないので、学生の質は高いと言えるでしょう。

と、ここでGroup of Eightならではですけれども、やっぱりこれだけレベルが高いところですと、各国の政治家の息子や娘が入ってくるということもあるんです。

普通ではなかなか会うことができないような人たちに会う機会がGroup of Eightにはあります。

こういうレベルの高い出会いがあるので、色々な話が聞けて面白いということもありますよ。

そういう出会いがあるとレベルアップも学生自身にはありますよね。

あと、このような大学にいくと施設はやっぱり他の大学よりもよくなっています。

特に研究に使う研究資金が一人当たりだとオーストラリア国内では一番良いということも公表されており、しっかりと研究ができる設備が整っていそうです。

なので、しっかりと学ぶことできるような環境になっています。

西オーストラリア大学のメディアなど

西オーストラリア大学のホームページはこちらから行くことができます。

西オーストラリア大学公式ホームページ]

ICC国際交流委員会を通してにアプライしておくと出願費用などを免除してくれる制度がありますので、問い合わせてみましょう。

ICC

留学情報などもくれるので、とても頼りになる代理店さんですよ!

西オーストラリア大学のインスタグラムなどで雰囲気をしれます。

UWAさん(@universitywa)がシェアした投稿 –

現代的な建築物もたくさんありますが、歴史がかなり古い大学だけあって、とても良い雰囲気が作られています。

西オーストラリア大学のTwitter

National woman engineering dayみたいだそうです。

西オーストラリア大学のTwitterみてると結構頻繁にアップされてるみたいです。

フォローしていると色々とイベントとかを知れそうです。

西オーストラリア大学のYouTube紹介

西オーストラリア大学のキャンパスを知れる大学です。

とても美しいところにあるのがこの動画からはわかりますね。

こちらは学生たちのインタビューです。

学生たちのインタビューは参考になりますね。

西オーストラリア大学のまとめ

学生の質ではトップレベルでオーストラリア全土から学生が集まってくる西オーストラリア大学です。

学問、余暇を楽しむなら、国内外から問わず優秀な学生が集まってくるし、評判も良いのでやはりまずはアプライしてみる価値があるでしょう。

西オーストラリア大学は西オーストラリア州やパースの素敵な街とともにのんびりと勉強できる環境が揃っています。

ここで勉強するのも非常に良さそうですね!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

▼こちらの記事もおススメ

オーストラリア留学の大学43校を個人的な目線で紹介していきます。他のところでデータばかりを並べられてふんわりとしていてわからない・・と思ったらこちらを見てください。

スポンサーリンク